精力の衰えを感じたらうつを疑って

勃起障害と鬱

男性は年齢を重ねるごとに勢力が減退する方が多くなります。

 

これは自然なことではあるのですが、中には70歳になってもまだオナニーをし続けているというつわものおじいさんもいます。

 

アメリカなのではオナニーにはうつになりにくくなる効果のあるホルモンを生産する副産物があることが発表されたことがあるそうです。
要するにオナニーをすることによって、鬱になりにくくなるということです。

 

一昔前はうつという言葉すらなかったのに、最近では素手のほとんどの方がうつということばをしっています。このように鬱はとても身近になってしまっています。鬱になる原因はその多くがストレスからだといわれています。

 

今の社会では普通に生活するだけでも多くのストレスにさらされることになることが多いです。しかしオナニーをすることによって、そのストレスから解放されるという効果とともにうつのよぼうに効果があるといわれている、コルチゾールというホルモンが生成されるということがアメリカの研究所から発表があったそうです。

 

とい事はうつになる前にオナニーをすればいいということですね。そうすることによって、鬱の予防することができるかもしれません。

 

勃起障害と鬱の関係

あと実際に鬱になって今は回復された方のお話なのですが、その方は実際に精神病院に入院したそうです。そこではやはり同じ病状のうつ患者さんが何人かいたそうです。

 

やはり同じ環境同士なので意見の交換などのコミュニティーが形成されたそうなのですが、最初の頃は精力の減退に関する話題は普通に恥ずかしいということでしなかったのですが、時間月に連れてそのような話題も交わすようになったそうです。するとほとんどのうつ患者の人がうつになってからどんな画像や映像を見ても勃起しない、女性の方も気持ちの変化がないということだったそうです。

 

このことは結婚している方にとっては深刻なことになるので、主治医にうつと精力の関係について調べてもらったそうです。すると医師は普段のうつ治療に投薬している薬の成分に精力を減退させるかもしれない成分が含まれているという答えが返ってきたそうです。

 

結論、うつ治療に使用する薬の中に精力を減退させる可能性のある成分が含まれているので、鬱になる前に、手をうたないと精力の減退は進行を防ぐことができなくなるということです。