心筋梗塞などの血管の病気と勃起障害

心筋梗塞と勃起障害

血管の病気として真っ先に思い付く病名は、心筋梗塞や脳梗塞などではないでしょうか?

 

脳の血管が詰まると脳梗塞であり、心臓の血管が詰まると心筋梗塞ということになります。

 

その病状が起こっている部分がペニスの場合は勃起障害です。

 

さて、この勃起障害と心筋梗塞違いと考えてみましょう。

 

まず大きく違うのは血管自体の太さでしょう。心臓周辺の血管の太さは、3ミリから4ミリです。それに比べてペニスの動脈の太さは1ミリから2ミリほどしかありません。

 

血管が細ければそれだけ詰まりやすいということなので、勃起不全は心筋梗塞や脳梗塞から比べるととてもかかりやすい病気だということになります。

 

しかも興味深いデータがあるのですが、脳梗塞や心筋梗塞を患っている人のほとんどの人が勃起障害だというのです。

 

しかし勃起障害である人が必ずしも脳梗塞や心筋梗塞であるかというとそうでもないということです。

 

ということは、勃起障害は脳梗塞や心筋梗塞にかかる前のサインだということが言えます。

 

勃起障害を早めに改善

 

勃起障害を治療するということは心筋梗塞や脳梗塞を早期治療しているのと同じ意味があるということです。

 

勃起障害は勃起しにくい病気だととらえるだけではなく、体が発信している黄色信号だととらえてください。

 

この信号を感じたならば何らかのアクションを起こした方がいいです。

 

簡単にできることは、まずは普段からの血流を良くすることを心がけることです。

 

運動に、食事に、ストレス回避などを見直すことが簡単に始めることのできる勃起不全治療になります。