勃起障害は治る病気です

勃起障害は治る病気

一般的な生活習慣病は全くと言っていいほど自覚症状がありません。

ある日突然脳卒中で倒れて、そのまま帰らぬ人となるといったことが起きたりします。

しかし同じ生活習慣病である勃起障害に関してははっきりと自覚することができるのです。

この勃起しにくいなと自覚したら、早く治療に取り組むことがとても大切です。

勃起障害について


勃起障害という言葉に関してですが、解釈の仕方が2通りあります。

1つ目は勃起障害=エレクタイル・ディスファンクションで勃起不全という意味です。

2つ目は勃起障害=エンドセリル・ディスファンクションで血管内皮障害という意味です。

心筋梗塞などの原因となる動脈硬化ですが、この動脈硬化の原因には、一酸化窒素の生産量の減少にあるといわれています。

この一酸化窒素は実は血管内皮から分泌されているのです。

血管内皮からの一酸化窒素量が少なくなり、動脈硬化が起こり、その影響が真っ先に現れるのがペニスであり、その症状名が勃起障害だということになるのです。

最新の研究によって勃起障害の原因は血管内皮障害だということがわかってきました。

しかし、日本における一般的な勃起障害への認識は勃起不全にとどまり、まだまだ勃起障害の本質的な治療法について知らない人が多いのも現状です。

起障害は勃起薬やED治療薬などを駆使することにより、血管の状態を改善することによって必ず回復に向かう病気である。