勃起障害を放っておくと大変なことになりかもしれません

勃起障害を放っておくと病気になってしまうことも

年齢とともに体も衰えてきて勃起の勢いが弱くなってきていると感じている方はいませんか?

 

そのままにしておくと命の危険にかかわることがあることを知っている人は少ないです。

 

勃起不全の原因はいろいろありますが、そのほとんどが血流の流れが悪くなることによるものなのです。

 

つまり血管が詰まっている状態だといえます。脳梗塞や心筋梗塞は血管が詰まって起こる病気だということはご存知だと思いますが、これは起こる場所が違うだけで、勃起障害も原因は同じなのです。

 

しかも、細い血管から詰まっていくので、詰まりやすい順番としては、ペニス・心臓・脳の順番になるのです。

 

勃起障害を治療しないと、近い未来に心筋梗塞や、脳梗塞といった命にかかわる病気になる可能性が高いです。まずはとにかく勃起障害を直すことを考えることが近道でしょう。

 

勃起障害のお薬

 

勃起障害のお薬バイアグラ

勃起の薬として有名なのはバイアグラです。他にもレビトラ・シアリス・ザイデナなどED治療薬として人気のお薬があります。これは、血流をよくする働きがあり、副作用として顔のほてりなどがあります。

 

体全体の血流が良くなるということは、血管を綺麗な状態に保ちやすくなります。

 

自分はセックスレスなので、勃起する必要がないという方でも、勃起不全はきちんと治療しておいた方がいいのです。

 

勃起薬を購入したい方は病院での処方か海外からの個人輸入することで勃起薬を買うことができます。
薬の個人輸入サイトくすりエクスプレスJPからでも勃起薬を購入できます。

 

交感神経と勃起について

 

しかし、セックスをすることは体の神経にとってもいいことだということはご存知でしょうか?

 

神経には、副交感神経と交感神経とがあり普段は交感神経が活動しています。

 

副交感神経は、リラックスした時に活動します。

 

この二つの神経を使っていかないと、自律神経が弱くなり、自律神経失調症という病気になりやすくなります。

 

よく言われる鬱の状態です。

 

勃起をしてセックスをするということは、心筋梗塞、脳梗塞、ウツ、自律神経失調症といった、今問題視されている生活習慣病を予防するといっても過言ではありません。

 

勃起障害は、人に相談しづらい病気なのですが一歩踏み出して勃起障害と向き合うことで他の病気の予防にもつながります。

 

バイアグラは高齢者が飲んでも大丈夫

 

バイアグラは高齢者が飲んでも大丈夫なのです。

注意して服用すれば問題はないと思います。バイアグラによる副作用というのは、一般の治療薬と比べても、ことさら特別でも強いわけでもありませんので、健康であれば、高齢者でもバイアグラの服用に、必要以上に不安に考える心配はありません。

 

加齢からくる性的機能の衰えは、個人差はあるにせよ、今まで避けられないものでしたが、これからはバイアグラの上手に利用すれば、豊かなシルバーライフを楽しむことができるのです。

 

ただ、アメリカで起きた死亡例などを見ると、そのほとんどが友人から譲ってもらうなど、医師の処方箋なしで服用した高齢者が多いのも事実です。バイアグラを服用する前に事前にしっかりと健康チェックを行い、自分の体力を過信しないで、あまり過度な精巧にならないように慎重に行うようにしてください。また、心臓病などの方やニトログリセリンを使っている方はバイアグラを絶対に服用してはいけません。
高齢者の方以外に年齢を関係なく健康な方がバイアグラを服用できるのです。

 

よく妻とのセックスが義理になってきていると感じている男性が、バイアグラを服用することによって妻とのセックスが頑張れるのではないか、と考えるようですが、バイアグラにはそのような効果はなく、精神に作用することもありません。

 

ただ、バイアグラを服用することでいつも以上に勃起していれば、奥様の方のスイッチが杯って、男性自身もセックスを楽しめる可能性は高くなるのかもしれませんね。

海外のEDの疫学について

 

海外のEDの疫学

EDに関する情報は198年以前から報告が上がっています。しかし、この時代には勃起のメカニズムについてはほとんど解明されていなかったために、EDの定義についても統一されておらず、EDの記載も臨床的な現象が中心として報告され、現在のデータとの比較分析が困難です。

 

その後もEDの報告は臨床例を解析してEDの疫学を進めていくしかありませんでした。

 

EDの客観的な疫学研究は「性交に有効な勃起ができない、もしくは、維持できない状態」と定義づけられ、その結果、疫学を中心とするEDの危険因子や潜在するED症例などの客観的な情報が次々を報告され始めました。

 

大規模なED疫学調査が行われたのは1994年アメリカのボストンでした。これはEDの原因、出現、頻度を多数の住民により調査された本格的な疫学研究でした。中高年の健康、予想される高齢者のED、生理、行動、疾患、投薬、人体測定、生活堂、心理、生活習慣、内分泌環境、など細かにデータを取りました。

 

その結果、ED患者の数は年齢とともに増加し深刻化していることがわかりました。また、糖尿病の既往歴のある人はED患者の割合が高く、心疾患、高血圧などは明らかにEDと関連があることが判明しました。

 

また生活習慣病として喫煙は心血管障害によるEDをさらに悪化させることを明らかにしました。

 

EDの危険因子となる症例としては、糖尿病、心疾患、高血圧の群で頻度が高いことがわかり、また、EDの原因となる行動は、生活習慣は慢性疾患に発展することが予想される。たとえば高コレステロール血症、身体活動の欠如、高血圧は心疾患の全状態と考えられ、同様に心疾患はEDと強い関連を持つと考えられています。

 

EDのリスクとなる生活習慣が全疾患状態として、EDの進行をイカに関与するかについても調査が行われました。飲酒、喫煙、座り勝ちの生活、肥満とEDのリスクとの関連を調べました。

 

その欠陥、中年になってから喫煙、肥満、飲酒をやめてもEDのリスクを低下することはできないことがわかりました。一方、体の運動は中年から始めてもEDのリスクを低下することに効果があることがわかりました。

 

このことにより、早い時期に健康的な生活習慣を送っていくことにより、老人になってからも健康な生活ができ、EDの心配も少ないことが明らかとなったのです。